はたけんぼの一年

●3月

農園祭 ようやく春が訪れ、畑もそろそろ動きだします。まずはジャガイモの植えつけから。
気温とにらめっこして、葉もの野菜の種まきもはじめます。
2013年の様子はこちら

●4月

春の作付け 天候も安定し、地温も上昇。いよいよ夏野菜の種まき、定植です。
どんな野菜が食べたいか、よく考えて。

●5月

田んぼづくり 田うない、代掻(しろか)き、畦塗(くろぬ)り。
八十八と書く「米」にはたくさんの手間がかかります。
田植えの前には、田んぼに水を引くための用水の作業もあります。
2013年の様子はこちら

●6月

田んぼづくり 待ちに待った田植えです。みんなで並んで苗を植えます。
腰をかがめての作業はしんどいけれど、秋にはたわわに稲が実ります。
2013年の様子はこちら

●7月

夏の収穫祭&除草 梅雨明けとともに、野菜がぐんぐん育ちます。負けずに草も伸び放題!
田んぼの草取りをしたら…、夏の恵みをみんなでいただきます!
2013年の様子はこちら

●8月

夏休み(堆肥づくり講習会) 暑い暑い夏。野菜も悲鳴をあげます。朝早くの作業がおすすめです。
帽子と水筒を忘れずに。田んぼでは、稲の開花がはじまっているかもしれません。
2013年の様子はこちら

●9月

秋の作付け しのぎやすい日々が訪れる頃が秋の種まきシーズンです。
大根、カブ、ブロッコリーに葉もの類。冬に向けての準備をしましょう。

●10月

稲刈り 秋がどんどん深まって行きます。6月に田植えをした田んぼでは、稲刈りがあります。
刈った稲は束にして天日干しをします。
2013年の様子はこちら

●11月

秋の収穫祭 みんなで育てたお米の収穫を祝いましょう。
餅つきや、釜で炊いたおむすび。おいしさをほおばって、はたけんぼ宴会です。

●12月

餅つき&しめ縄づくり 新しい年を迎える前に、一年に感謝してみんなで餅つき!
秋に刈り取った稲で、オリジナルのしめ縄をつくります。

●1月

繭玉団子づくり お米の粉で繭の形の団子を作り、カシの木に飾りつけます。
養蚕が盛んだった国立市の、繭の豊作を願った伝統行事に挑戦。

●2月

味噌づくり 畑で育てた大豆で味噌を作ってみましょう。
みんなで力を合わせれば、きっとおいしくできるはず。じっくり時間をかけて熟成させます。