12/8(日)着物+農泊=kimonouhaku始めます。

キモノウハクチラシ01

福寿荘ここたまや人を旅するゲストハウス
着物+農泊=kimonouhaku始めます。

ーーーーーーーーーーーーー
NPO法人くにたち農園の会
      ×
学生団体「たまこまち」企画
ーーーーーーーーーーーーー

私たち「くにたち農園の会」は、国立市谷保で、「農のあるまち」、「農が身近にある暮らし」を、子どもや未来につなぐための活動を行っています。

 「農業」との関わりなくしては成り立たない私たちの「衣・食・住」。「食」については言わずもがなですが、「衣」に関しても、絹、麻、木綿、ウールなども天然素材の「農産物」。特に絹は「蚕」の「命」をいただいて作っています。
 明治時代の谷保では、稲作と共に「養蚕」が盛んで、貴重な現金収入だったそうです。甲州街道は「絹の道」、「蚕都」と呼ばれた八王子では、織りや染めの産業も発展していきました。
 ところが、昭和に入り急速な近代化や、石油繊維の開発、より安い原材料の輸入と、労働力や工場の海外進出などにより、「養蚕」を筆頭に日本人の「衣」に関する「農業」は急速に衰退。私たちの日常の「着物」も、和装から洋装へと変わっていきました。

 谷保地域には、そんな「農」の歴史を持つ田んぼや畑、関東三大天満宮の一つ鎮守の森の谷保天満宮。300年以上の歴史を持つ古民家や、路地のある町並みの風景、四季折々の歳時記を大切にした行事がたくさんあります。
 そこでこの度、私たちは谷保を拠点に、多摩地域の「農と衣、暮らしを紡ぐ」新しい発信の形として、ツーリズムや文化体験を愉しむ「着物+農泊=kimonouhaku」を企画しました。
 蚕や羊毛、綿花を紡いでクラフトを愉しんだり、藍を収穫して染め物をしたり、着物を着て、里山の風景散歩を楽しんだり、お茶や書道をたしなんだり。堅苦しいことは抜きにして、さまざまな角度から「農と衣」の暮らしを一緒に愉しんでみませんか。

 谷保の農家さんからお借りしたアパートを大学生が運営するゲストハウス「ここたまや」から始めます。ぜひ、小旅行気分でお立寄りください。

谷保天満宮「旧車祭」見学ツアー開催

2019年12月8日㊐10:00-15:00

谷保天満宮に古き良きクラシックカーが大集結する一日。
着物を着て「旧車祭」におでかけしましょう!

◆《旧車祭とは》

「旧車祭」は、“学園都市国立”の開発が始まった大正12年当時を彷彿とさせるような、古き良き時代の旧車(クラシックカー)が集結するイベントです(主催はAutomobile Club japan)。会場の「谷保天満宮(写真右上)」は、関東三大天満宮の一つで学問の神様として有名ですが、“日本初の交通安全発祥の地”としても知られています。その所以は、明治41年に「有栖川宮威仁親王殿下」をはじめ当時の日本の自動車産業を担う先駆者たちによる「日本で初めての遠乗り会」が行われた際、谷保天満宮の梅林にて昼食会が行われ、「日本の自動車の将来」が語り合われたことにあります。詳細は以下の各サイトをご覧ください。

[谷保天満宮]www.yabotenmangu.or.jp
[Automobile Club Japan]https://acj1908.com/

日 時 12月8日(日)10:00−15:00 
定 員 先着20名(最小催行人数5名)
会 場 やぼろじ(集合)→谷保天満宮(見学・昼食)→大学通り
参加費 3,000円(お弁当/飲み物/カメラマンによる撮影付き)
撮 影 蔵スタジオ内+谷保天満宮
主 催 NPO法人くにたち農園の会
    事務局)国立市谷保5119やぼろじ内
申 込 kunitachinouen@gmail.com
     または右上QRの申込フォームより、①お名前、ご連絡先、
     ご住所、参加人数をご明記の上、お申込ください。
     集合場所等の詳細はお申込後にご案内いたします。

◆《着付け講習会》11月23日(土)午前/午後 各回先着5名

自分で着ることの不安のある方や、自分で着てみたい方。
よりお洒落なコーディネートを教わりたいかたへ。
[協力:坂本呉服店]http://www.sakamoto-gofukuten.com/

◆《デニム着物のレンタル》男女各先着2名様(レンタル料2,000円)

洋服の上からも着ることができるデニム着物と帯を貸出します。
(写真参照/当日の着付つきです。インナー、靴、履物はご用意ください)

◆《着物レンタルとリユース販売》(レンタルは事前1週間前申込)

着物のレンタルや、着付け、リユース着物の購入をご希望の方は
近隣の連携店「着物ライフすみや」をおつなぎいたします。
[連携:着物ライフすみや]https://kimonolifesumiya.shopinfo.jp/

◆《ご宿泊》ゲストハウスでの宿泊も可能です(1泊お一人様4,000円)

一橋大学を中心とした大学生が運営するゲストハウスです。
[ゲストハウス ここたまや]https://kokotamaya.com/

◆《ヘアメイク》やぼろじ併設のヘアサロンでヘアメイクも可能です。

[Atelier LOHATY]https://www.lohaty-kunitachi.tokyo/

キモノウハクチラシ02