特定非営利活動法人 くにたち農園の会

わたしたち NPO法人くにたち農園の会メンバーは、田んぼや畑を新しいアイデアで活用しようという市民有志で「くにたち はたけんぼ」を設立、2013年から活動してきました。

2016年から特定非営利活動法人として再スタートし「農のある都市」「農が身近にある暮らし」を実現させるために様々な活動を展開しています。

概要

名称 特定非営利活動法人 くにたち農園の会
本部事務局 〒186-0011 東京都国立市谷保5011(やぼろじ内)(アクセス)
設立年度 特定非営利活動法人内閣府認証取得 2016年12月2日
登記完了 法人設立 2016年12月15日
役員 理事長:小野淳(㈱農天気 代表)
副理事長:すがいまゆみ(野の暮らし 主宰)
副理事長:村井里子(農園アドバイザー)
理事:平島素子(リトルホースとふれあう会)
理事:緑川まゆ(リトルホースとふれあう会)
理事:小林未央(㈲MTK)
理事:武藤芳暉(野忍流 忍者)
監事:佐藤有里
 (森のがっこう そらっこ・森のようちえん 谷保のそらっこ代表)
監事:中島大介
事業 ・都市モデル農園「くにたち はたけんぼ」運営
・田畑とつながる子育て古民家「つちのこや」運営

(1)都市農地を活用できる団体への畑区画貸し出し
(2)畑作・稲作体験
(3)乳幼児、児童の野外体験活動
(4)動物とのふれあい、飼育体験
(5)農地を活かしたイベント活動のサポート
(6)農のある風景・環境の保全
(7)地元農産物の普及提供
(8)都市農業振興にかかわる普及啓発活動
(9)災害時の防災拠点として機能できる施設整備
(10)都市農地を活用した事例の情報発信
(11)その他目的を達成するために必要な事業

関連団体 ㈱農天気
野の暮らし
リトルホースとふれあう会
㈲MTK
森のがっこう そらっこ・森のようちえん 谷保のそらっこ
リング・リンクくにたち
定款 定款(PDF)

沿革

平成23年 国立市「農業・農地を活かしたまちづくり」事業協議会にて、農地が持つ文化的、教育的価値や公共性を、広く市民に理解してもらうための実践の場の必要性を感じ、新しい農園モデル確立への模索を始める。
平成24年 任意団体「くにたち市民協働型農園の会」を立ち上げ、翌年、国立市と地主さんと三者で協定を結び、閉園した梨園跡地に「くにたち はたけんぼ」を開園。
平成25年〜 「畑を居場所に」をテーマに、農水省の「農あるくらしづくり交付金」を得て、施設整備や田畑とつながる子育て支援事業を開始。農園での「森のようちえん」や「放課後の子ども達の居場所(学童クラブ)」、リトルホースとのふれあい事業「くにたち馬飼舎」、親子が楽しめるさまざまな農園イベントを実施。
平成28年 12月、任意団体から特定非営利活動法人へ。
平成29年 1月、地域での子育て支援をさらに充実させるため、古民家(シェアスペース「やぼろじ」)の和室を借り、「田畑とつながる子育て古民家 つちのこや」を開始。
12月、公益社団法人 程ヶ谷基金「平成29年度 男女共同参画・少子化関連顕彰事業 活動賞」を受賞。